今思うと HGUC ガンダムMk-Ⅱを使って プロトタイプガンダムMk-Ⅱや
バーザムを作って来たのに、ガンダムMk-Ⅱの仮組みとか ランナー紹介とか
やってなかったぽいw なので 一通り紹介します!


ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー30

気になる部分というか REVIVE ガンダムMk-Ⅱとの比較になるとおもいます

まずは独特な構成の腕付け根の間接
PC(ポリキャップ)を上向きに取り付け、間接を上から差し込む様になっています

 
ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー31

コックピット
本体に 何故か内側のディテールがあります
かといって コックピットハッチが開く作りにはなっていませんw



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー32

頭部は 左右で合わせるタイプ



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー33

左右であわせるため 丁髷のセンサーの中央に合わせ目ができてしまいます
これは 合わせ目消し苦労しますよね・・・狭いし



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー34

前腕部 左右で合わせるタイプ



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー35

このシールドを取り付ける穴の周辺 凹の内部に合わせ目
ここなんですよ ほんと 毎回苦労する合わせ目処理^^;



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー36

この旧HGUCの方も肩内部が結構みえますね
その分内部ディテールを活かせるので 好きかも



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー37

つま先が別パーツになっていて 可動します



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー38

ムーバブルフレームを組んでから装甲を取り付けるのではなく
装甲で ムーバブルフレームを繋ぐ感じです



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー39

旧HGUC ガンダムMk-Ⅱでも 新しく追加された メッシュチューブ
結構奥まで入れて 固定するんですね・・・

合わせ目消しと 塗装してから入れるのは 難しそう
メッシュチューブの後ハメのための 改造が必要かな



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー40

背中
ランドセルのジョイントも独特ですね
パチン!とハメる仕様です



ガンダムMk-Ⅱフライングアーマー41

シールドのジョイント
これ一つで 腕の背面と側面 どちらでも好きな方に取り付けられる仕様
ただ、どちからの凸はむき出し状態なので・・・ これをどう処理するか
各モデラーのセンスが出るところ!




久々に旧HGUC ガンダムMk-Ⅱを組んでみて 懐かしいかなと思っていたんですが
散々改造して 長いこと取り組んだ機体なので  いつものって感覚が強かったw


発売当初は、こんなにカッコいい1/144のMk-Ⅱが出るのか!!と興奮したものですw